全国いたるところにデリヘルは存在するが、
とくに可愛い女の子が多く集まっていると人気なのが名古屋だ。
もちろん女性のレベルが高くなれば高くなるほど、
価格は高くなるのが一般的であり、
価格の高い店を高級デリヘルと呼ぶが、
名古屋のデリヘルは大衆店であっても
そこそこレベルは悪くないのである。
では高級デリヘルと大衆店では何が違うのだろうか?
見た目の美しさは同じ、価格は違う。
決定的に違う点はずばり教養や品の高さである。
通常デリヘルはソープや箱型ヘルスなどとは違い
講習という文化は存在しない。
サービス自体も女性任せな店がほとんどである。
素人らしさを求めるならそれでもよいだろう。
けれどろくにサービス内容もしらない女性が、
態度悪く手を抜いてサービスするなんてこともよくある話だ。
ところが高級デリヘルになるとそんなクレームまがいのことはなく
ある程度店側が客を満足させるための接客やサービスを
女性たちにレクチャーしているのがほとんどで
客を不愉快にさせることなどほとんどないのである。
また名古屋にはファッションヘルスが多く、
そこで接客やサービスを経験した女性が
そのままデリヘルへ流れるケースもあるため
名古屋の高級デリヘルのサービスレベルが上がるのは必然なのである。

風俗は厳しい勤務体系で知られているが、
雄琴 ソープも例外でなく元旦も休まず営業している。
そんな環境でもスタッフや女性が集まるのは、
一言で給料がよいからである。
アメとムチのこの風俗業界では、
休日出勤や大入りの日には金一封が貰えることもあり、
誰も文句もなく当たり前のように働いている。
とくに週末は客入りもよく稼げるのだ。
近年の不景気では他の業種を探すよりも
風俗のほうが安定しており求人広告を出せば人はすぐに集まる。
けれど実際、仕事が続くかどうかは別問題である。
一般常識とかけ離れたところにある風俗では、
スタッフが飛んでしまうことも当たり前なのである。
そんな中、ソープで働くスタッフは勤務年数が長い人が多いのに驚かされる。
案外ソープは働きやすい環境なのかもしれない。